ビタブリッドCフェイスの使い方@効果的なスキンケア方法を解説

 

ビタブリッドCフェイスは、12時間ビタミンCパックができるハイブリッドパウダー。

 

お手持ちの化粧水や乳液と混ぜて使うだけ!

 

たったそれだけで、美容サロンのようなビタミンCパックが自宅で実現できます。

 

ビタブリッドCフェイスの効果的な使い方を解説します。

 

 

 

ビタブリッドCフェイスを混ぜたらどうなる?

ビタブリッドCフェイスはサラサラのパウダー状になっています。

 

このパウダーを化粧水や乳液に混ぜて使うのですが、
ビタブリッドCフェイスのパウダーを混ぜるとサラサラになります。

 

ビタブリッドCフェイスの口コミを見ると

 

とろみのある化粧水 ⇒ サラサラ状になる
クリーム状やゲル状の乳液 ⇒ 質感がゆるくなる

 

という特徴があります。

 

 

 

ビタブリッドCフェイスの効果的な使い方を伝授

ビタブリッドCフェイスは化粧水や乳液、オールインワンゲルなど普段使っている化粧品に混ぜて使用します。
そして、ビタブリッドCフェイスを混ぜるとサラサラ状に質感が変わります。

 

▼ビタブリッドCフェイス公式サイトよりビタミンC12時間パックの作り方

 

 

ビタミンC 12時間パックの「作り方」


@手のひらに水か、お手持ちの化粧水を出します。
 クリームやオールインワン化粧品等でも可です。

 


AそこにビタブリッドCフェイスのパウダーを加えます。

 


B肌に塗りやすいように、指先で柔らかく混ぜて一緒にします。

 


C優しくハンドプレスしながら顔全体にたっぷりとなじませます。

 


D気になるフェイスラインにはしっかりとなじませます。

 


E目元など気になる部分には重ねづけします。

 

 

簡単6ステップでビタブリッドCパックが作れます。

 

 

おすすめのビタブリッドCフェイスの使い方

スキンケアの仕方や好みにもよりますが、わたしは化粧水に混ぜるのがオススメ。
その理由は、洗顔後すぐにビタブリッドCフェイスのビタミンCパックをすることで、効果的にビタミンCを浸透させたいから。

 

洗顔やクレンジングで汚れ・皮脂を落としたキレイな素肌にビタミンCパックすることで、浸透力がグッと上がります。

 

洗顔後は、できるだけ早くスキンケアしたいところ。

 

ビタブリッドCフェイスを化粧水と混ぜるコツは
 ・始めにビタブリットCフェイスも化粧水もキャップを外しておくこと。
 ・粉から先に出して化粧水は多く出しすぎないこと。
これが私のおすすめの使い方です。

 

ビタミンCパウダーが混ざったら、

気になっているポイントにつける

まず、気になっているシミやシワ、ほうれい線に指でつけてから、手のひらでプッシュしながら顔全体に広げていきます。

 

ハンドプレスで浸透力をUP

顔全体に塗り終わったら手のひらで顔を覆ってビタミンCが奥まで入ってくれるように20秒程待ちます。

 

これだけで、毛穴が引き締まって、肌のキメが整った感じを実感できます。

 

そして、ビタブリッドCフェイスを1日朝晩2回使うこと。

 

ビタブリッドCフェイスは1回で12時間効果が持続します。
朝晩ビタブリッドCフェイスを使用することで、24時間ビタミンCパックを実現できます。

 

さらに、おのずと生活習慣が整います。
生活のリズムを整えることは、肌のターンオーバーの促進にもつながり効果的です。

 

その基本的な生活習慣を整えて、ビタブリッドCフェイスを使えば、効果はおのずと加速して現れてくると思います。

 

ビタミンCパックの効果を実感するためには、ビタブリッドCフェイスを1日2回使ってみましょう。
1ヶ月程 使い続けた後、鏡を見てみてください。

 

あの頃のようなキメ細やかな肌が取り戻せているはず。

 

エイジングケアするなら自宅で簡単に続けられるスキンケア商品ががいい!

 

ビタブリッドCフェイスはお手頃価格で、無理なく続けられるおすすめのビタミンCパックです。

 

ビタブリッドCフェイスの公式サイトでは今、キャンペーン中!
初回限定お試しで1,500円で販売していますよ。

 

ビタブリッドCフェイスをお得にお試しするチャンスです。

 

 


【初回限定1,500円】ビタブリッドCフェイス公式サイト

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加